コラム

秋田犬と過ごす癒しの時間

The site logo

秋田犬と過ごす癒しの時間

古くは「忠犬ハチ公」で知られる秋田犬だが、最近はロシアのプーチン大統領には「ユメ」、フィギュアスケーター・ザギトワには「マサル」が贈られたというニュースをご存知の方も多いだろう。ただ、このユメとマサルにある共通点があるのはご存じだろうか?
その共通点とは、同じ秋田犬ブリーダーのもとで育てられたということ。
秋田県能代市には能代幸寿荘(のしろこうじゅそう)という秋田犬を専門に育てている犬舎があり、トップブリーダーが数々の展覧会受賞犬を育てている。また、ここで育てられた秋田犬はユメやマサルのように、日本国内はもとより全世界中の愛好家のもとでかわいがられている。

能代が世界に誇る秋田犬のトップブリーダー

マサルの育て親の協力のもとで、愛くるしい秋田犬とふれあえるのが「秋田犬ふれあい体験」だ。
秋田県内でも秋田犬人気の高まりなどを受けて、秋田犬の里・大館市のほか、秋田市、男鹿市などで「秋田犬ふれあい処」のような施設が整備されている。無料で見学できるのはいいのだが、たくさんの観光客が訪れることによって秋田犬にストレスがかかり、それによって長期間にわたって休養を余儀なくされる犬もでてきていた。
そういった問題をふまえて、秋田犬もストレスフリー、秋田犬好きも満足にと考えたのがこのプログラムだ。

散歩やだっこをして記念写真

能代幸寿荘の「秋田犬ふれあい体験」では、犬舎の在籍状況によって変わるが、生後数か月から1歳未満の秋田犬がふれあいの対象。体験スタートは能代幸寿荘が散歩を行っている朝8時頃から。朝が苦手な人には大変かもしれないが、逆に散歩の時間を利用しているため、秋田犬にも極力ストレスがかからないという。かわいい秋田犬のためなら早起きだって頑張れますよね?
このプログラムは、秋田犬のことを熟知しているブリーダーのもと、子犬ならだっこ、数か月の犬なら散歩…というように直接ふれて、秋田犬のぬくもりやかわいらしさを感じられるのが最大の特徴だ。もちろん、記念撮影もOK。なかなか初心者には難しいカメラ目線も、ブリーダーの助けを借りればノープロブレム。きっと旅の印象深いシーンとなることだろう。

オンラインで秋田犬ふれあい体験を予約しよう!

この秋田犬ふれあい体験は、「Voyagin(ボヤジン)」という旅行体験・オプショナルツアーのオンライン予約ができるサイトでも販売されている。
外国人旅行者向けのサイトではあるものの、国内からでも予約が可能。料金は体験人数によって変動するが、大人お1人様3,250円から(1週間前まで要予約)。
PCからスマートフォンから気軽に予約できるので、ぜひ利用してみてほしい。

秋田犬と過ごす癒しの時間

古くは「忠犬ハチ公」で知られる秋田犬だが、最近はロシアのプーチン大統領には「ユメ」、フィギュアスケーター・ザギトワには「マサル」が贈られたというニュースをご存知…